FC2ブログ

だらだら野球日記

ベイスターズの話題を中心に色んなことをだらだら書いていきます。
TOP > ARCHIVE - 2015年11月

2015年育成ドラフト3位、田村丈投手(15/11/29)

こんにちは、タケノコです。


今回は育成ドラフト3位、田村丈投手(関西大学北陽高校⇒関西学院大学⇒無所属)を紹介したいと思います。


ポジションは投手、右投げ右打ちで185cm、82kgという素晴らしい体格の持ち主です。
今年は無所属なので分かりませんが大学時代の感じだと、ワインドアップから投げ下ろし、最速145キロ(現在は149キロ)、常時140キロ近いストレートと落差の大きいカーブを中心にスライダー、フォークなどを操る素材型の投手でした。
プロテストでは50m5秒6、遠投115mという素晴らしい身体能力を見せました。


関西大学北陽高校では1年冬に投手に転向し、2年秋からベンチ入りを果たしました。
3年夏には最速145キロを投げる投手として注目を浴びましたが、3回戦敗退という結果に終わり、甲子園には出場できませんでした。

進学した関西学院大学では1年春からリーグ戦に出場するも、怪我に泣き、通算9試合で0勝2敗という成績に終わりました。
それでもプロへの思いは強く、広島とベイスターズのプロテストを受けましたが、残念ながら受かりませんでした。


今年は大学を留年したため無所属で過ごし、兵庫県にあるスポーツジム・ウイニングボールに通い、関学大野球部の練習でシート打撃に登板するなどして調整していたようです。
噂によるとこのスポーツジムはあるスカウト(八馬スカウト?)の紹介らしく、投球フォームの改善点もアドバイスされたそうです。
その成果が出たのか、自己最速を4キロも更新する149キロの球を放れるようになり、抜群の身体能力を見せつけて今年のベイスターズのプロテストに合格を果たしました(今年プロテストを受けたのはベイスターズのみ)。


ベイスターズで期待したい役割はこの選手に限っては想像できません(>_<)
身体能力はプロでもかなり上位にランクされると思いますし、この1年しっかりトレーニングに励んでいたことはプロテストの結果からも分かりますが、元々素材型の投手のようですし、この1年間、ほとんど実戦経験を積めなかったことがどう作用するかは始まってみないと分かりません。
留年というのも少し引っかかります、プロテストや就職のため、もしくは怪我や病気でということなら理解できますが、単純に単位が足りなかったのであれば性格面もちょっと不安ですね(´・ω・`)
まぁ、仮にそうだったとしてもこの1年、無所属という厳しい立場でモチベーションを保ち続けたのですから、精神面も劇的に成長したのかもしれませんし、そうであって欲しいですね(>_<)

1年目はとにかく実戦経験を積んでほしいですね、先発・リリーフ問わず、チャンスがあれば死に物狂いで掴んでほしいです( `ー´)ノ
その上で1軍でも通用するストレートと1種類でいいので絶対的な変化球を習得できれば、短いイニングを任せられる投手になれるかもしれません(^^♪
かなり異色な経歴ですが、その身体能力と潜在能力はプロでもトップクラスだと思うので、予想を遥かに超えて化ける可能性もあると思います!
なので、なんとか生き残って、支配下登録されて1軍で投げる姿を見せて欲しいですね(>_<)


今回は以上です、また次回で。

にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村



関連記事
スポンサーサイト



[ 2015/11/29 20:49 ] ドラフト | TB(0) | CM(0)
プロフィール

タケノコ

Author:タケノコ
ベイスターズの話題を中心にだらだらと書いていきます。

広告
PVランキング
広告