FC2ブログ

だらだら野球日記

ベイスターズの話題を中心に色んなことをだらだら書いていきます。
TOP > プロ野球 > キューバ最強打者(14/5/12)

キューバ最強打者(14/5/12)

こんにちは、タケノコです。

今日はベイスターズの試合はお休みなので最近話題の補強について考えたいと思います。
今回補強に挙がっている選手の名前はユリエスキ・グリエル選手、現在のキューバ最高の打者と言われています。

正直最初聞いたときはガセネタだと思いましたがどうやら本当のようです(^O^)
これほどの衝撃的なニュースは楽天のA.Jの入団時以来じゃないでしょうか。
A.Jの場合、ケガで大分衰えていましたが、そのようなことはないようですし、29歳と若いし、キューバリーグでの成績も尋常ではなかった(通算打率.335、211本塁打、813打点、OPS1.013)ので本当に来てくれるならこれほどの補強はないと思います。

この補強で問題となるのは①外国人枠②守備位置の2つです。
1つ目の外国人枠の問題は監督が言っているように、野手3枠、投手1枠になると思います。
バルディリス、ブランコ、グリエル選手に加えて筒香、梶谷選手らが加わる打線は歴代最強の破壊力と威圧感を秘めた打線になる可能性があります。
現在、好調なモスコーソ投手とソーサ投手のどちらかしか使えないのは痛いですがこの打線の魅力には勝てないと思います。

2つ目の守備位置の問題ですが、監督は3番二塁をグリエルにやらせたいらしいので、石川選手が外されます。
その石川選手を監督は外野で使いたいらしいですが、それならばもう一度ショートに専念してほしいです。
現在でも筒香、梶谷という外野手歴の浅い選手で外野は埋まっているのに、これ以上素人を増やしては投手陣の負担が増すばかりです。
おまけに、ベイスターズの外野は一軍も二軍も非常に良い選手が多く飽和してまっている状態です。
それならば、現在固定出来ていないショートに専念させて、打撃も下位打線において守備に全てを注げる環境をつくりショートとして一人前にしてあげて欲しいです。
それが、チームにとっても本人にとっても最善のような気がします。

巨人にもキューバ代表のセペタ選手が入団しましたし、これからキューバから毎年たくさんの選手が入団してくると思います。
この流れが日本の野球のレベルをさらに上げてくれると思うので、日本の選手も負けずに頑張ってもらいたいです。

今回は以上です、また次回で。
関連記事
スポンサーサイト



[ 2014/05/12 22:17 ] プロ野球 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

タケノコ

Author:タケノコ
ベイスターズの話題を中心にだらだらと書いていきます。

広告
PVランキング
広告