FC2ブログ

だらだら野球日記

ベイスターズの話題を中心に色んなことをだらだら書いていきます。
TOP > プロ野球 > 呆気なく3連敗(>_<)(14/5/15)

呆気なく3連敗(>_<)(14/5/15)

こんにちは、タケノコです。

今日のベイスターズ対中日は2-6でベイスターズの完敗でした(-_-;)
これで中日戦呆気なく3連敗となりました(´・ω・`)

試合の方はベイスターズの先発の加賀投手がまた苦手の左打者に打たれて5回5失点で降板してしまうと、打撃陣も中日先発の濱田投手に筒香選手のホームラン以外良い所なく抑えられてしまいます。
その後、8回に長田投手がダメ押し点を献上してしまい、反撃も見ることなく敗戦となりました。

一方中日は濱田投手が6回2失点で試合を作り、打線も森野選手のホームランなどの集中打で得点を重ね快勝となりました。

今日も序盤で流れが決まってそのまま負けてしまいましたね(T_T)
この中日3連戦多少の違いはあれ、全て同じように先発投手が早い回で崩れる、打線も繋がらない、反撃のチャンスも引き寄せられないという感じで負けています。
長いシーズンあればこんな時もあるでしょうが、それにしても内容がお粗末です、せめて気合だけでも見せて欲しいです( `ー´)ノ
その中で特に気になるのは、こんな完全に負け試合の展開でもリリーフに大原投手や長田投手などを使っている点です。
大原選手に至ってはこの3連戦で2回も投げています、今のベンチ入りを見る限り敗戦処理を担っているのは国吉投手だけのようですが、今の投手力ではもう1人くらい必要だと思います。
敗戦処理は負け試合でも次の試合に勝つために無駄に投手を疲れさせないという1シーズン戦いきるためには欠かせないポジションです。
今の首脳陣は疲労やケガを軽く見過ぎていると思います、筒香選手の起用法を見てもそうですが、主力選手がケガをしてしまってからでは遅いと思います。
ケガをしてしまうと、もしケガが治っても選手によっては二度とケガする前のように動くことができない状態になってしまう人もいます。
二軍にも若い選手は一杯いると思うので、敗戦処理というポジションで若手には貴重な経験を積ませて、主力のリリーフ陣には貴重な休息をもう少し上げて欲しいです。

明日からは阪神との3連戦です。
先発はベイスターズが井納投手、中日が能見投手です。
実質お互いのエース対決なので、この3連戦の流れをベイスターズに引き寄せる投球に期待したいです!

今回は以上です、また次回で。
関連記事
スポンサーサイト



[ 2014/05/15 21:59 ] プロ野球 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

タケノコ

Author:タケノコ
ベイスターズの話題を中心にだらだらと書いていきます。

広告
PVランキング
広告