FC2ブログ

だらだら野球日記

ベイスターズの話題を中心に色んなことをだらだら書いていきます。
TOP > ドラフト > 2015年ドラフトで獲得して欲しい選手(3)(15/6/15)

2015年ドラフトで獲得して欲しい選手(3)(15/6/15)

こんにちは、タケノコです。

今回も2015年のドラフトでベイスターズに獲得して欲しい選手を紹介したいと思います!

3回目の今回は今年が始まった頃は大学No.1左腕と呼ばれた、今永昇太選手(北筑⇒駒大)を紹介したいと思います。

ポジションは投手、左投げ左打ちで178cm、78kgという標準的な体格の持ち主です。
常にセットポジションから、スリークォーターで最速148キロ、常時140キロ前後を記録するストレートと120キロ台後半のスライダー、100キロ台のカーブ、120キロ台のチェンジアップを操る本格派の投手です。
試合をまとめるセンス、高い奪三振能力、精神的な強さ、癖の少ないフォームが魅力です。

北筑高校では2年生のときからエースを任されましたが目立った成績は残せませんでした。
それでも最速144キロを記録したストレートがスカウトの目に留まり注目されましたが、プロ志望届は出さず駒大進学へ進学しました。

駒澤大学では1年春からリーグ戦に出場し、3年終了時点でリーグ通算40試合で18勝13敗、257奪三振、防御率2.04という成績を挙げ、リーグMVPや最優秀投手、ベストナインなどに輝いています。
初の全国大会となった3年秋の神宮大会では優勝を果たし、自身も2勝を挙げ、防御率0.64と大活躍を見せました。
特に準決勝では9回裏無死満塁の場面でリリーフして全て直球で抑える圧巻の投球を披露しました。
そんな中期待された4年春のリーグ戦は左肩の腱板炎症のため1回も登板するができませんでした。
 
今年が始まった時点では大学No.1左腕と言える存在でドラフト1位競合は確実とみられていました。
しかし、今回の左肩の怪我を負ったことでどうなるか分からなくなりました、秋のリーグ戦で元気な姿を見せられるかで順位がかなり変動するかもしれません。
最近肩に故障を抱えたまま入団して成功した選手として大野雄大投手(中日)がいますが、この時は他の球団は怪我を理由に指名せず中日の単独指名となりました。
この時の中日の判断は現在の大野投手の活躍を見ると正しかったことが証明されましたが、今回の今永選手の怪我の状態がどの程度のものなのか、指名する球団はかなり慎重に判断する必要がありそうです。

今永選手はベイスターズの補強ポイントと完全に合致するのでぜひともチームに加わってもらいたい選手です。
獲りたいなら1位指名で行かなければ厳しいでしょうが、秋の状況次第では外れ1位や2位以降の指名で獲れるかもしれませんのでしっかり戦略をたててもらいたいです。
獲得できた際にベイスターズで担って欲しい役割は当然先発の左のエースです。
ベイスターズで左のエースと呼ばれる選手はここ10何年生まれていませんが、ぜひともそう呼ばれる選手になってもらいたいですね。
全ては秋の結果次第、元気な姿をみせてくれることを期待してます!

今回は以上です、また次回で。

にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村



関連記事
スポンサーサイト



[ 2015/06/15 11:54 ] ドラフト | TB(1) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

投手陣の崩壊が
悪夢の連敗劇の根っこともいえますからね。 打線も湿りがちですが、打線にリズムを与えるのも投手の重要な役目ではないでしょうか? 交流戦休みの間に、敗因を細かく分析、そして勝ちを少しでも拾う。 ドラフト交渉だってできれば優勝狙うチームに入りたいと選手は考えますよ。 昔のように人情でほだされてくれるほど、最近の若者は甘くないですから。 他の球団にないベイスターズの魅力をわかってほしいです...
[2015/06/17 15:55] やさぐれ戦記
プロフィール

タケノコ

Author:タケノコ
ベイスターズの話題を中心にだらだらと書いていきます。

広告
PVランキング
広告