FC2ブログ

だらだら野球日記

ベイスターズの話題を中心に色んなことをだらだら書いていきます。
TOP > ドラフト > 2015年ドラフトで獲得して欲しい選手(5)(15/6/17)

2015年ドラフトで獲得して欲しい選手(5)(15/6/17)

こんにちは、タケノコです。

今回も2015年のドラフトでベイスターズに獲得して欲しい選手を紹介したいと思います!

5回目の今回は今年の神奈川No.1右腕、吉田凌選手(東海大相模)を紹介したいと思います。

ポジションは投手、右投げ右打ちで181cm、72kgという長身細見の体格の持ち主です。
かなり開きの早いフォームからオーバースローで投げ下ろし最速151キロ、常時140キロ前後を記録するストレートと120キロ台の縦横のスライダー、100キロ台のカーブ、120キロ台のフォークを繰り出す本格派の投手です。
松井裕樹投手(楽天)を参考にしたという縦のスライダーは抜群の切れと落差を誇りプロで食っていける代物です。

吉田選手は中学時代からその名を全国に轟かせていました。
中学時代所属した兵庫北播リトルシニアでは同期の藤井健平選手(大阪桐蔭)らと共にリトルシニア全国選抜大会、リトルシニア日本選手権、ジャイアンツカップなどの全国大会に出場し、2年時にはシニア日本代表に選ばれ8強進出に貢献しました。
当然のごとく争奪戦が行われ、100校を超える誘いの中から東海大相模を選び進学しました。

東海大相模高校では1年春からベンチ入りを果たし、1年夏には5回参考ながら完全試合いを達成し、準決勝の横浜高校戦では最速149キロの速球を武器に好投しましたが惜しくも敗戦しました。
2年夏には1学年上の青島凌也投手(東海大)・佐藤雄偉知投手(Honda鈴鹿)と同期の小笠原慎之介投手の4人で140キロカルテットを形成し、県大会決勝では1試合20奪三振の好投を見せて甲子園にチームを導きました。
2年秋は小笠原投手とのWエースで臨みましたが、県大会準決勝で延長12回の末サヨナラ負けを喫し、センバツ出場を逃しました。
3年春は県大会で優勝し、関東大会でも好投を見せて4強入りに貢献しました。

1年夏に受けた衝撃を考えると少し伸び悩んでいるのかなという印象を受けてしまいますね。
2年秋以降少し不調が続いていましたが、少しずつ復調の気配がでてきたようなので3年夏は調子のピークで大会を迎えて欲しいですね。
タイプはかなり異なりますが高橋純平投手(県岐阜商)と全国No.1右腕の称号をかけて甲子園で戦う姿を期待したいです!

ドラフトではドラフト2位までの24人には必ず入ってくるレベルの投手だと思います。
ベイスターズの補強ポイントとは一致していないですが、絶対的な武器(縦のスライダー)を持った投手なのでチャンスがあればぜひ獲得を検討してもらいたいです。
ベイスターズで担って欲しい役割は、狙って三振の奪える投手です。
ベイスターズの育成力には若干不安はありますが、地道に欠点を直すことができれば2~3年で1軍定着できる素材だと思います。
上手く成長してくれれば毎年奪三振王のタイトル争いに絡むエースもしくは絶対的なクローザーとしてチームを支えてくれる存在になってくれると思うのでこれからの成長に期待したいです!

今回は以上です、また次回で。

にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村



関連記事
スポンサーサイト



[ 2015/06/17 15:15 ] ドラフト | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

タケノコ

Author:タケノコ
ベイスターズの話題を中心にだらだらと書いていきます。

広告
PVランキング
広告