FC2ブログ

だらだら野球日記

ベイスターズの話題を中心に色んなことをだらだら書いていきます。
TOP > ドラフト > 2015年ドラフト3位、柴田竜拓選手(15/11/19)

2015年ドラフト3位、柴田竜拓選手(15/11/19)

こんにちは、タケノコです。


今回はドラフト3位、柴田竜拓選手(岡山理大付属高校⇒國學院大学)を紹介したいと思います。


ポジションは遊撃手、右投げ左打ちで167cm、70kgという非常に小柄な選手です。
守備範囲が広く、捕ってからが非常に素早く、正確にこなすことができる圧倒的な守備力が最大の魅力の選手です
その一方で、三振は少なく、出塁率はまずまずですが、基本的に打撃は非力で、盗塁もほとんどしないため、攻撃面に課題があります。
遠投は95m、50m6秒2と標準的な身体能力は持っています。


岡山理大付属高校では1年秋からショートのレギュラーとして活躍し、3年夏には主将で3番・ショートとしてチームを引っ張りました。
しかし、最高成績は県大会準優勝、中国大会ベスト8であと一歩のところで甲子園には届きませんでした。

進学した國學院大学では2年春からリーグ戦に出場し、リーグ通算で68試合に出場し、60安打、打率.256、出塁率.338、2本塁打、2盗塁という成績を残しました。
全国大会の経験はないですが、国際大会の経験は豊富で、3年夏の第27回ハーレムベースボールウィーク、秋のIBAF21Uワールドカップ、4年夏のユニバーシアードを経験しています。
特にハーレムベースボールウィークでは7試合にショートのスタメン起用され、最優秀守備選手賞のタイトルを受賞する活躍を見せました。


正直なところを言えば、3位という順位は打撃にほとんど期待でない選手に対しては少し高すぎるかな、と最初は思いました。
しかし、今年のベイスターズはことごとく重要な場面で守備のミスを犯して敗戦を繰り返しました。
そういった事情を考えれば少し順位を上げてでも獲りに行ったのは仕方のないことかなと思いますね。

ベイスターズで期待したい役割はどんな緊張する場面でも全幅の信頼を寄せることのできる守備職人として役割です( `ー´)ノ
大学時代の成績を考えると打撃はほとんど期待できないと思いますし、盗塁する技術もなさそうですので、攻撃面で過度な期待をするのは厳しいと思います(>_<)
ただ、それでもせめてバントの技術と粘る技術だけは他の選手を上回るものでないとプロでは厳しいと思います。
とにかくこの選手は守備が売りなので、圧倒的な守備力で地道に周囲の信頼を掴んでいって欲しいですね!

1年目は守備が売りの選手なのでアピールするのは中々厳しいと思いますが、最低でも2軍のレギュラー、あわよくば1軍の守備の切り札としての活躍を期待したいですね!
そして将来的にはタイプは多少違いますが、ソフトバンクの今宮健太選手のような成績を残せるような選手を目指して欲しいですね(*´▽`*)


今回は以上です、また次回で。

にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村



関連記事
スポンサーサイト



[ 2015/11/19 21:58 ] ドラフト | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

タケノコ

Author:タケノコ
ベイスターズの話題を中心にだらだらと書いていきます。

広告
PVランキング
広告