FC2ブログ

だらだら野球日記

ベイスターズの話題を中心に色んなことをだらだら書いていきます。
TOP > ドラフト > 2015年育成ドラフト1位、網谷圭将選手(15/11/28)

2015年育成ドラフト1位、網谷圭将選手(15/11/28)

こんにちは、タケノコです。


今回は育成ドラフト1位、網谷圭将選手(千葉英和高校)を紹介したいと思います。


ポジションは捕手、右投げ右打ちで183cm、78kgという細見の体格の選手です。
高校通算で33本塁打を放ち、140m級の打球を飛ばすことのできる右のスラッガーです。
肩は強く、投手として130キロ台中盤を記録し、二塁への送球は1.95秒を記録します。
その一方で、捕手としてのリードや動きは転向してから日が浅いため、経験不足の感が否めません。


千葉英和高校では入学早々から一塁手として強打を売りにメンバー入りを果たしました。
1年秋からは監督のすすめで捕手に転向し、4番捕手として活躍しました。
2年秋からは主将も兼務し、3年春の大会で放った140m級のホームランで一躍脚光を浴びました。
チームとしては3年間目立った成績を残せず、全国的に無名の存在でした。


ベイスターズで期待したい役割は次世代の強肩強打の捕手です。
ベイスターズの捕手陣は皆、残念なことに伸び悩んでいるので、ほぼ同年代の亀井捕手とともにお互いに支配下登録を目指して切磋琢磨し、次の世代の正捕手を狙って欲しいですね( `ー´)ノ
現時点での捕手としての能力はプロのレベルには至っていないと思いますが、素材は非常に良さそうですし、プロ以上に1試合の勝ち負けが重いアマチュア野球ではこういう素材型のタイプの選手はあまり起用してもらえないでしょうから、育成枠で指名したことは球界にとっては良いことだと思いますし、育成枠とは本来こういう選手のためにあるべきだと思います(^^♪

捕手として育てるのであれば3~4年はじっくり見て欲しいところですが、育成枠の選手なので1年目からプロでも光るものを見せていかないとそんな時間はもらえないと思うので、長打力と強肩を売りにしてまずは2年、なんとか生き残って欲しいですね(>_<)
もし捕手が駄目でも一塁手、三塁手、外野手あたりにはコンバートができそうなので、その時には長打力を前面に押し出してアピールしていって欲しいですね( `ー´)ノ
育成枠の選手は将来とか言っている場合ではないので、とにかく契約した1年に全てをかけて欲しいです!
そしてその結果として、支配下登録、1軍レギュラーの座を勝ち取り、大事な戦力になってくれることを期待したいですね(^^♪


今回は以上です、また次回で。

にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村



関連記事
スポンサーサイト



[ 2015/11/28 15:12 ] ドラフト | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

タケノコ

Author:タケノコ
ベイスターズの話題を中心にだらだらと書いていきます。

広告
PVランキング
広告