FC2ブログ

だらだら野球日記

ベイスターズの話題を中心に色んなことをだらだら書いていきます。
TOP > ドラフト > 2018年ドラフト6位知野直人選手の簡単なプロフィールと球歴を紹介! 個人的になって欲しい将来像も!

2018年ドラフト6位知野直人選手の簡単なプロフィールと球歴を紹介! 個人的になって欲しい将来像も!


こんにちは、タケノコです。


今回2018年ドラフト6位知野直人選手の簡単なプロフィールと球歴を紹介し、個人的になって欲しい将来像も好き勝手に語りたいと思います(^^♪




まずはプロフィールから!


1999年2月16日生まれ。
第一学院高校→新潟アルビレックスBC

身長181cm、体重81g、右投げ右打ちでアスリートらしい体型の持ち主。

異色の経歴を経て夢の舞台・NPBに辿り着いた身体能力抜群・将来性豊かな走攻守三拍子揃ったショートストップ!



ポジションは主にショート、サードも守ることができます!

打撃では右打席からヘッドの効いた力強いスイングと絶妙なバットコントロールでヒットを量産!

50mを6秒0で走り、遠投120mを誇る高い身体能力を活かした守備は粗さも目立ちますが、非常に華があります!

全てのプレーに積極的で、特に盗塁は塁に出たらドンドン走ってきます!


新潟アルビレックスBC入団後にBCリーグに派遣されている草野大輔コーチなどの支えもあって急成長、プロ入り後もさらなら成長が期待されています!




次に簡単な球歴を!


小学2年生の時に野球を始め、聖光学院高校では1秋からベンチ入りを果たしています!

2年春にもベンチ入りしていましたが、通信制の第一学院高校に編入。



その後、2016年にこの年からルートインBCリーグで導入されたトライアウトが免除される特別合格選手として新潟アルビレックスBCへの入団が決定しました!

しかしこの時の契約は公式戦に出場できない練習生としての契約でした・・・



そんな状況でもひた向きに練習に取り組んだ結果、1年目の7月には晴れて選手契約を勝ち取り、それまでの鬱憤を晴らすかのような大活躍が始まりました!

僅か28試合の出場だったものの、ショートやサードを守って打率.350、4本塁打、21打点、8盗塁というセンセーショナルな結果を残し、周囲をアッと驚かせ、プロのスカウトからも注目を浴びました!!



迎えた2017年のNPBのドラフト会議ではその素質・素材を重視して、下位もしくは育成で指名があるのではないかと噂されていましたが、残念ながら指名漏れとなりました・・・



悔しさをバネに更なるレベルアップに取り組んだ2年目はショート1本に絞って臨み、前年の倍以上の69試合に出場!

19失策を記録したものの、打率.279、7本塁打、45打点、28盗塁の記録を残し、自身がNPBでプレーできる存在であることを証明しました!


そして、2018年のドラフト会議でベイスターズから6位指名を受けました!!





最後に個人的になって欲しい将来像を好き勝手に語ります!


知野選手には細かいミスは冗談で笑い飛ばせる位、走攻守全てにおいて華があってスケールの大きな選手になって欲しいです!


今年のベイスターズのショートは大和選手が100試合以上を守り、残りを柴田選手、少しだけ倉本選手が守っていてましたが、年齢を考えると次の世代の育成が必要でしょうね!

それを見越して英才教育を受けているのが知野選手と同い年の大河選手、1年目からファームで100試合に出場し、2年目の今年も順調に成長、U-23の日本代表にも選ばれて勢いに乗っています!

このようにプロでの経験値では圧倒的な差をつけられていますが、ポテンシャルは決して引けを取らないと思うので、ライバルとして切磋琢磨し合って高いレベルでのレギュラー争いをして欲しいですね(*´ω`*)



全てにおいて粗い選手なので1年目はまずしっかりファームで鍛えてから、ということになりそうですが必死にアピールし続けて欲しいですね(>_<)

いくら若くて将来性を買われてるとは言え、下位指名であることに変わりはありません。

上位入団の選手たちと比べるともらえるチャンスは僅かでしょうから、少しでもチャンスがあったら逃さずアピールできるようにしてもらいたいですね!

ルーキーイヤーは全ての面においてレベルアップするのはもちろん、自身の居場所を作れるような年にして欲しいです(^^♪



この選手は育て方によっては大化けすると思うので上手く指導して導いてあげて欲しいですね(>_<)

最終的にはショート、もしくはセカンド、サードあたりを守って、打率3割、20本塁打、30盗塁、15失策くらいの成績を残せるような選手になって欲しいです(*´ω`*)



エリートが集うプロ野球界の中では異色の経歴ですが、エリートコースから外れてここまで辿り着くための努力・執念は並大抵のものではないでしょうから、その強みを活かして数年後に大化けしてくれることを期待しています(^^♪



今回は以上です、また次回で。


関連記事
スポンサーサイト



[ 2018/11/02 19:17 ] ドラフト | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

タケノコ

Author:タケノコ
ベイスターズの話題を中心にだらだらと書いていきます。

広告
PVランキング
広告