FC2ブログ

だらだら野球日記

ベイスターズの話題を中心に色んなことをだらだら書いていきます。
TOP > プロ野球 > ベイスターズが中井大介選手と古村徹投手の獲得を正式に発表! どん底から成功してくれることを期待♪

ベイスターズが中井大介選手と古村徹投手の獲得を正式に発表! どん底から成功してくれることを期待♪


こんにちは、タケノコです。


今日はベイスターズが正式に中井大介選手(元読売ジャイアンツ)と、古村徹投手(前・富山GRNサンダーバーズ)と契約を結んだことを発表しました!



中井大介選手の巨人時代の印象


中井大介選手の巨人時代の個人的な印象は「オール3.5」の選手という印象ですね。


打撃はパンチ力があると言われていますが、ホームランをバンバン打つわけではなく打率も2割5分前後、小技も決して上手くない。

足は決して遅くはないものの、ポカも多く盗塁する技術もない。

守備は無難、内野は一通り守れて外野もできるので非常に便利。

高橋由伸監督から依怙贔屓と言えるくらいのチャンスはもらったのに活かせなかった・・・



大体こんな印象ですね(^_^;)

散々に書いてますが、あくまで巨人時代の印象なのでどん底を経験し、環境が変わるのでベイスターズで一変する可能性は十分にあると思います(^^♪

球団としては右の代打と守備固めの選手が不足しているチーム状況から、1軍の経験が豊富な右打者で様々ポジションを守れることを理由に獲得したのでしょうから、最初は便利屋としてのスタートにはなると思います。

そこで結果を残せれば1軍の貴重な戦力として扱ってもらえるでしょうが、残せなければ当然1年でクビです・・・

スタートから死に物狂いでアピールしてなんとか生き残って戦力になって欲しいですね(>_<)




古村徹投手の印象


古村徹投手の個人的な印象は「別人」という印象ですね。


ベイスターズに異例の5年ぶりとなる古村投手ですが、以前の古村投手は怪我の影響もあったとも思いますが、はっきり言って球速を筆頭に全てにおいてプロのレベルには達しておらず、左で投げているのが特徴というレベルの投手でした。

それが富山GRNサンダーバーズで特徴を見出すためにサイドスローに転向するなど必死にもがき、今年は150キロを目指して腕の位置を再び上げて実際に150キロを記録するまでの投手に成長したようです!

動画でちょこっと見ただけなので詳しくは分かりませんでしたが、インタビューでの受け答えなど、以前とは完全に「別人」でしたね(^^♪



大体こんな印象ですね(*^-^*)

球団もこれだけNPBを離れている選手をわざわざ獲得したのですから使えると判断したのでしょう、おそらくリリーフで起用されると思いますが、左のパワーピッチャーは非常に貴重なので今度こそ結果を残して欲しいですね(>_<)

古村投手が活躍すれば同じ境遇の選手たちの希望の光となるでしょうし、それが球界全体の活性化にも繋がると思いますので(*´ω`*)

来年に1軍でじっくりと見る機会が訪れることを凄く楽しみにしています(^^♪




最後に


中井選手も古村選手もどん底を経験したと思うので、早くベイスターズの環境に慣れてそのどん底から得たものを1軍で見せて欲しいですね(>_<)

結果が残せなければ来年はすぐにクビを切られてしまう非常に厳しい立場だと思いますが、NPBでもう1度野球をやれる喜びを感じながらどん底から這い上がって、成功を収めて欲しいです!



今回は以上です、また次回で。


関連記事
スポンサーサイト
[ 2018/11/20 16:00 ] プロ野球 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

タケノコ

Author:タケノコ
ベイスターズの話題を中心にだらだらと書いていきます。

広告
PVランキング
広告